エボラ出血熱について

最終更新日:2016年2月29日

西アフリカにおけるエボラ出血熱について、平成28年1月14日、リベリアにおけるエボラ出血熱の終息宣言が公表され、西アフリカ3か国(ギニア、リベリア、シエラレオネ)のすべてにおいて、エボラ出血熱の終息宣言がされたところです。
しかし、終息宣言後であっても、流行が再燃する危険性があり、現在、上記の3か国は監視強化期間に入っています。
リベリア、シエラレオネでは終息宣言後にエボラ出血熱感染者の再発生が確認されており、発生国への渡航及び滞在には引き続き十分な注意が必要です。
詳しい情報は下記の関連情報をご覧ください。 
なお、現在までに日本国内でのエボラ出血熱患者は発生していません。

 
 【お問合せ・連絡先】

 ●新宿区保健所 保健予防課 保健相談係
  平日8時30分~17時15分
  電話  03-5273-3862

 ●東京都保健医療情報センター(ひまわり)
  土曜日・日曜日・休日・夜間
  電話  03-5272-0303
 

 ★関連情報
       ・厚生労働省:エボラ出血熱について エボラ出血熱に関するQ&A
       ・国立感染症研究所:エボラ出血熱
       ・東京都感染症情報センター:エボラ出血熱
       ・外務省:海外安全ホームページ

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。