減免額の算定方法

最終更新日:2022年1月4日

対象世帯

1.新型コロナウイルス感染症により、令和3年度中に主たる生計維持者死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入及び給与収入)の減少が見込まれ、以下の➀~➂の要件に該当する世帯の方

国民健康保険と後期高齢者医療保険は、➀~➂の全てに該当する場合
  介護保険は、➀と➂に該当する場合


➀主たる生計維持者の令和3年の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入及び給与収入)の種類ごとに見た収入のいずれかが、令和2年に比べて30%以上減少する見込みであること
➁主たる生計維持者の令和2年の所得の合計額が1000万円以下であること
➂主たる生計維持者の令和2年中の「事業収入等以外の所得」「事業収入等の中で30%以上減少していない収入にかかる所得」の合計額が400万円以下であること

※主たる生計維持者とは、その世帯の家計を維持するため、生活費を主に負担している方をいいます。


国民健康保険とは、新宿区(保険者番号:138040)の国民健康保険のことです。

減免額の算定方法

上記対象世帯の1に当てはまる世帯

全額

上記対象世帯の2に当てはまる世帯

【表1】で算出した対象保険料額に、【表2】の区分に応じた減免割合を乗じて得た額
対象保険料額(A×B/C)×減額又は免除の割合(d)=減免額

【表1】
(国民健康保険料)
対象保険料額=A×B/C
A:当該世帯の被保険者全員について算定した保険料額
B:減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年の所得額
(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和2年の合計所得金額

(介護保険料)
対象保険料額=A×B/C
A:当該第一号被保険者の保険料額
B:第一号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年の所得額
(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:第一号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の令和2年の合計所得金額

(後期高齢者医療保険料)
対象保険料額=A×B/C
A:同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額
B:減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年の所得額
(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和2年の合計所得金額

【表2】
(国民健康保険料、後期高齢者医療保険料)
令和2年の合計所得金額 減額又は免除の割合(d)
300万円以下 10分の10
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1,000万円以下 10分の2

(介護保険料)
令和2年の合計所得金額 減額又は免除の割合(d)
210万円以下 10分の10
210万円超え 10分の8
〇事業の廃止や失業の場合は、前年の合計所得金額にかかわらず
【表2】のdが10分の10となります。(各保険料共通)

対象保険料

令和3年度分の保険料

※令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限を設定しているもの。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-医療保険年金課
新宿区保険料減免担当【新宿区本庁舎4階7番窓口】
電話:03-5273-4189(直通)
FAX:03-3209-1436
平日9:00~17:00    ※電話が繋がりにくい場合があります。

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。