必ずお手続きください
接種券の発行申請が必要な場合があります

最終更新日:2022年7月22日

 3回目接種対象者のうち、他の自治体または海外等で初回(1・2回目)接種後に新宿区に転入された方、または4回目接種対象者のうち、他の自治体または海外等で3回目接種後に新宿区へ転入された方は、新宿区で接種の記録を確認することができません。そのため、次に該当する場合で、追加(3回目、4回目)接種を希望される方は、接種券の発行申請が必要です。

※4回目接種の対象者は、以下のとおりです。
 

4回目接種の対象者
(1)60歳以上の方
(2)18歳以上60歳未満の方で以下のいずれかに該当する方

  ・基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方

  ・医療従事者等及び高齢者施設等従事者

対象となるケース

  • 他の自治体で2回目接種、または3回目接種をした後に転入した場合
  • 海外で2回接種、または3回目接種をした場合
  • 海外在留邦人等向け接種事業で2回接種、または3回目接種をした場合
  • 在日米軍従業員接種で2回接種、または3回目接種をした場合
  • 製薬メーカーの治験において2回接種、または3回目接種をした場合
  • 海外での接種と国内での接種を組み合わせて2回接種、または3回接種した場合  など

申請方法

申請書に必要事項を記入の上、必要書類(申請書下部にも記載)を添付して、下記提出先へ郵送してください。申請書は下記リンクからダウンロードできます。

3回目接種用申請書

 

4回目接種用申請書


※4回目接種の対象者は、以下のとおりです。
 
4回目接種の対象者
(1)60歳以上の方
(2)18歳以上60歳未満の方で以下のいずれかに該当する方

  ・基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方

  ・医療従事者等及び高齢者施設等従事者

 

必要書類

  1. 被接種者の住民票に記載の住所がわかる本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)の写し
  2. 2回接種、または3回目接種したことがわかる書類(接種済証、接種証明書、接種記録書、予診票の控え等)の写し
  3. 送付先住所が住民票に記載の住所と異なる場合は、次の書類の写しを添付してください。
    【送付先住所が住民票と異なる場合の添付書類】
    送付先が住民票に記載の住所と異なる理由がわかる書類(施設入所契約書等)の写し
    送付先住所の居住実態がわかる書類(被接種者名義の公共料金の領収書等)の写し
  4. 申請者が被接種者と異なる場合、申請者本人の確認書類(運転免許証、健康保険証等)の写し

 

提出先

160-0022
新宿区新宿5丁目18番14号 新宿北西ビル5階

新宿区 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 接種券発行担当 宛

※区に到着後、書類に不備等がなければ、接種可能な対象月の前までに発送します。既に接種可能な月を過ぎている場合は、準備が整い次第、順次発送します。

本ページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話:03-3208-2222
ファクス:03-5273-4357

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。