新宿区東京2020オリンピック・パラリンピック区民参画事業助成

最終更新日:2020年4月22日

 令和2年度「新宿区東京2020オリンピック・パラリンピック区民参画事業助成」は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、中止といたしました。
 また、大会期間中のパブリックビューイング(大画面で大会の競技中継を見ながら皆様で応援していただくイベント)に対する助成についても、東京2020大会が延期となったことからあわせて中止といたします。
 これらの助成の活用をご検討いただいた団体様におかれましては大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。




※以下は、募集時(中止前)の内容です。

令和2年度 新宿区東京2020オリンピック・パラリンピック区民参画事業助成

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が将来にわたって区民のみなさんの記憶に残るものとするため、令和元年度・令和2年度の2か年に限定して、大会の気運醸成に資する自主的な活動に助成します。

対象団体

下記のいずれかに該当する団体
(1)区内の町会・自治会
(2)区内の商店会
(3)区内に存する次に掲げるものの保存、公開等を行う団体
  [1] 国・都・区の指定等を受けた無形文化財
  [2] 国・都・区の指定等を受けた無形民俗文化財
  [3] 区の指定を受けた地域文化財のうち[1][2]に準じるもの
(4)非営利団体で、次のいずれにも該当するもの
  [1] 団体の構成員のうち区内に住所を有する者が過半数であること、又は団体の主たる所在地が新宿区内にあること
  [2] 団体の構成員の数が5名以上であること
  [3] 団体の代表者または責任者が明確で、かつ、区内に住所を有する者であること
  [4] 団体の規約、定款等を有し、これに基づく運営および活動を行っていること
(5)上記(1)から(4)までのいずれかの団体を構成員とした実行委員会

助成対象活動

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の気運醸成に資する自主的な活動等(※)で、新宿区内で実施するものであり、下表のいずれかの活動区分に該当するものです。

【活動区分及び事業の内容(例)】
  活動区分 事業の内容(例)
1 地域の伝統芸能、歴史的な行事やその他の文化を
発信し、新宿区の魅力のPRに資する活動
● 地域の文化等の魅力について、理解を促す活動
● 地域の文化等を次代へ継承するための活動
● 地域の文化等のプロモーションを展開し、新宿区の魅力を国内外に発信する活動
2 東京2020大会後のレガシーの創出に資する活動 ● スポーツ参画人口の拡大に資する活動
● スポーツによる健康づくりを推進する活動
● スポーツや文化体験等を通じた国際交流活動
● 障害者スポーツの理解促進に向けた活動
● 障害者スポーツの環境整備活動
● 心のバリアフリーの推進・浸透に向けた活動
● オリンピック・パラリンピックの精神を広める活動
● 地域におけるボランティア活動や地域活動等を促進する活動
● 競技体験等を通じた地域の盛上げに資する活動


※東京2020大会の気運醸成に資する活動等とは
 以下の点が達成されるような活動のことを指します。
 ・参加者の、東京2020大会に関する興味関心が呼び起こされる
 ・事業をきっかけにして、東京2020大会の成功に向けて自主的に行動していく人が増える

※東京2020大会終了後の活動について
 東京2020大会終了後に実施する活動も助成対象になりますが、その場合には主として大会を振り返ることにより、大会後の気運の継承に資する活動でなければなりません。
 例:東京2020大会に出場したアスリートを招聘したスポーツ教室、大会関係者やボランティア等を招聘した講演会、大会の写真展示 など

 なお、次のような活動は助成の対象となりません。ご注意ください。
  ・営利を目的とする活動
  ・政治的活動または宗教的活動を含む活動
  ・区の他の補助金等の交付決定を受けている又は申請中の活動
  ・事業の対象が申請団体の会員など特定の者のみに限られる活動
  ・他団体より業務委託として請け負っている活動
  ・令和2年12月31日までに完了しない活動
  ・助成対象経費の全てを委託費で支出する活動

【パブリックビューイングの実施に対する助成について】
 大会期間中のパブリックビューイングの実施については、本助成とは別に助成を行う予定のため、対象外となります。詳細は、令和2年5月以降に別途ご案内します。
 

助成金の額

(1)助成金額の上限
  原則として1件につき 100万円
  ※ 審査委員会の審査を経て、予算の範囲内で助成します。
  ※ 助成金の交付は、1団体につき1件までとさせていただきます。

(2)助成率
  助成対象経費の10分の10

申請受付・対象事業期間等

 助成事業の募集は、下表のスケジュールで実施します。
 
申請受付期間  令和2年3月5日(木)~4月7日(火)
対象事業期間  令和2年4月1日(水)~12月31日(木)
審査会開催  令和2年4月下旬~5月中旬
交付決定の通知時期  令和2年5月中旬以降

  ※ 令和2年度の募集は、今回限りとなります。申請漏れのないようご注意ください。
  ※ スケジュールの詳細は、お問い合わせください。

助成の流れ

助成の流れ画像
・申請書類を作成し、申請受付期間内に東京オリンピック・パラリンピック開催等担当課の窓口に持参し、提出してください(要電話予約・郵送不可)。

・申請書類を「新宿区東京2020オリンピック・パラリンピック区民参画事業助成審査委員会」で審査します。
・審査会では、各申請団体へのヒアリングを行います。審査会の開催は、4月下旬~5月中旬(平日の日中)を予定しています。

・審査の結果に基づき、助成金の交付または不交付の通知書を送付します。

・請求に基づき、口座振込により助成金を交付します。

・事業実施計画書に基づき、事業を実施してください。
・経費を支出する際は、要件を満たした領収書が必要です。

・事業終了後、「実績報告書類」を提出してください。

・実績報告書類の内容を審査し、助成金額の確定通知を送付します。確定額が交付決定金額に満たない場合は差額を返還していただきます。
 

申請手続き

 以下の募集要項(助成金申請の手引き)等をご参照のうえで申請書類を作成し、申請受付期間内に提出先の東京オリンピック・パラリンピック開催等担当課にご持参ください(要電話予約・郵送不可)。

 なお、募集要項や申請書類は、以下の窓口でも配布しています。
 ・新宿区役所第一分庁舎7階(東京オリンピック・パラリンピック開催等担当課)
 ・各特別出張所
 ・産業会館(BIZ新宿)

募集要項(助成金申請の手引き)等

申請書類等

【助成金を申請するときの提出書類】
【助成金の交付が決定したときの提出書類】
【事業内容に変更が生じたときの提出書類】
【事業が終了したときの提出書類】
【記載例】

提出先・問合せ先

 申請受付期間内に下記提出先に直接持参し、提出してください(事前の電話予約をお願いします)。また、郵送による申請は受け付けませんので、ご注意ください。
 申請に係るご相談についても同窓口にて承っています。ご相談を希望される場合は、必ず事前予約をお願いします。

【 提出先 】  新宿区東京オリンピック・パラリンピック開催等担当課
         (新宿区役所第一分庁舎7階)
         電話:03-5273-4220
【受付時間】 午前8時30分から午後5時(土、日、祝日を除く)
 

注意事項

 オリンピック・パラリンピックに関するエンブレム、ロゴ、用語、名称をはじめとする知的財産は、日本国内では商標法等により保護されているため、以下の点にご注意の上、申請をお願いします。
 ・事業名に「オリンピック」、「パラリンピック」の文言を使用しない。
 ・オリンピック・パラリンピックに関する知的財産やそれを連想させるデザインを使用した印刷物やグッズの作成等を行わない。

こうした事業が助成を受けています

申請団体名 計画概要
1 箪笥地域スポーツ文化協議会 1 事業内容
    小学生を対象としたバドミントン教室や大会を行う。事業実施にあたっては、近隣中学校の生徒にボランティアとしてご参加いただく。
  [1]バドミントン教室
    アスリート(実業団選手)による実技講習を行う。
  [2]バドミントン大会
    試合を通じて、目標に向かって全力で取り組む姿勢や、対戦相手とのコミュニケーション、フェアプレー精神を
   学ぶ。
  [3]パラバドミントンの普及
    パラリンピックのバドミントン種目を紹介し、パラリンピックに対する興味関心を呼び起こす。
2 実施日
  令和元年9月1日
3 実施場所
  旧市ヶ谷商業高校体育館  
2 新宿区立西新宿小学校PTA 1 事業内容
  [1]うちわの製作
       西新宿小学校の児童によりうちわ2種類を製作する。表面には角筈・淀橋地域を紹介する絵を、裏面には2020年に応援したいことやチャレンジしたいことをテーマに描いた絵を英訳付きで掲載する。
  [2]うちわの配布
       西新宿地域の商店街やホテル等でうちわを配布し、外国人旅行客等に対して西新宿地域のPRや東京2020大会をPRする。
2 実施日
  令和元年1月31日(うちわ配布開始)
3 実施場所
  西新宿地域の商店街やホテル等
3 神楽坂商店街振興組合 1 事業内容
  [1]東京五輪音頭の実施
    東京2020はっぴを着用して、地域の小学校や一般参加者とともに東京五輪音頭(2020年版・1964年版)を踊る。ほかにも、世界的な祭典であるオリンピック・パラリンピックを印象づけるため、世界の踊りとしてのフラダンスや、子どもが楽しめる歌の披露などを行う。
  [2]ボッチャ体験
    ボッチャ体験コーナーを設け、パラリンピック競技のPRを行う。
  [3]サッカーリフティングの実技披露
       リフティングの世界チャンピオンによるリフティングの実技披露等を行い、新国立競技場での実施競技であるサッカーを通じた、オリンピック競技のPRとする。
2 実施日
  令和元年7月24日・25日
3 実施場所
  神楽坂大通り
4 西落合町会 1 事業内容
  [1]東京五輪音頭の講習会及び盆踊りでの実施
  [2]オリンピックに関連するクイズ大会
  [3]ボッチャ体験コーナー
  [4]落合第二中学校吹奏楽部によるオリンピック関連曲目の演奏
  [5]2020年オリンピック、パラリンピック競技大会を盛り上げるための会場内外への横断幕の設置
  [6]来場者へのオリンピック・パラリンピックのうちわの配布
  [7]従事者の東京2020はっぴの着用
2 実施日
  令和元年8月17日・18日
3 実施場所
  西落合公園少年野球場等
5 早稲田商店会 1 事業内容
  [1]応援プログラムマーク入りフラッグの掲出
    商店街区の街路灯75基に、東京2020大会や早稲田スポーツを応援する様々なメッセージの入ったフラッグを掲揚する。フラッグには、組織委員会認証の応援プログラムマークを併せて掲載し、更なる大会PRとする。
  [2]フラッグラリーの実施
    様々な種類のフラッグを巡るフラッグラリーを行い、フラッグに掲載された応援メッセージを活用して気運醸成につなげる。
2 実施期間
  令和元年5月~(フラッグラリーは5月20日~31日)
3 実施場所
  早稲田商店会・大隈通り商店会の街区内
6 大隈通り商店会 1 事業内容
  子どもたち自身が運営する縁日の催しと合わせて、早稲田大学と連携したパラリンピック競技体験等を実施することで、パラリンピックへの気運を盛り上げる。
2 実施日
  令和元年8月1日から計3回
3 実施場所
  大隈通り
7 榎町特別出張所地区町会連合会 1 事業内容
  [1]管内27町会対抗ボッチャ大会(各町会による対抗戦)
  [2]管内団体機関対抗ボッチャ大会(障害者・高齢者支援施設等による対抗戦)
  [3]交流会([1][2]の参加者の交流会)
2 実施日
  令和元年8月24日
3 実施場所
  新宿区立榎町地域センター
8 新小川町自治会 1 事業内容
  [1]絵灯篭の展示
    町会員等が東京2020大会をテーマにした絵で灯篭を作成し、展示する。
  [2]和太鼓演奏
       助六太鼓家元らによる東京五輪音頭-2020-に合わせた和太鼓演奏を実施する。
2 実施日
  令和元年9月14日
3 実施場所
  新小川公園
9 新宿区テコンドー協会 1 事業内容
  講師(民間道場講師)や選手(日本代表クラス)によるテコンドー及びパラテコンドー体験や講演、演舞等を行う。
2 実施日
  令和元年10月20日(第1回)、令和2年1~3月(第2回)
3 実施場所
  区内地域センター
10 南元町町会 1 事業内容
  [1]東京五輪音頭-2020-の練習
  [2]ボッチャ体験
  [3]オリンピック・パラリンピッククイズゲーム
  [4]東京2020大会の実施競技をテーマにしたポスターを作成し、会場を装飾する。
  [5]模擬店
2 実施日
  令和元年8月24日
3 実施場所
  南元町15番地付近高速道路高架下
11 新宿パレード2020実行委員会 1 事業内容
  [1]パレード
    フェスティバルパレード(著名人などがオープンカーに乗車するほか、吹奏楽団等が演奏しながら行うパレード)や、みこしパレード(区内のみこしによるパレード)を実施する。
  [2]東京2020大会気運醸成コンテンツ
    出演者や一般の方も参加しての東京五輪音頭-2020-の披露や、各種スポーツ体験等を行う。
2 実施日
  令和2年3月29日
3 実施場所
  新宿通り等
12 信濃町町会 1 事業内容
  個人が所有する以下の展示物を公開し、1964年当時の全国的な盛り上がりや町会の取組みの様子を伝える。
  [1]東京1964オリンピック関連資料
    スタート用ピストル、聖火トーチ、入場券、選手村食事券、通訳バッジなど
  [2]東京1964オリンピック開催時の信濃町町会の活動資料
    回覧板(案内協力者募集への感謝のお知らせ、保健所からのお知らせ(飼い犬の狂犬病予防注射の勧奨)、都清掃協力会か
    らのお知らせ等)
2 実施期間
  令和元年10月12日~20日
3 実施場所
  民音文化センター
13 新宿区手をつなぐ親の会 1 事業内容
  パラリンピックと障害についての理解啓発イベントを二部構成で実施する。
  [1]講演会「パラリンピックが東京に教えてくれること」~障害者を取り巻く社会・支える社会~
    講師 又村 あおい氏(全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員等)
  [2]知的・発達障害の特性や必要な配慮等を楽しく学ぼう!
    知的・発達障害の理解啓発のために活動している新宿区手をつなぐ親の会の疑似体験キャラバン隊「Winds」と、株式会社ニュースタッフプロダクション所属のお笑い芸人とのコラボレーション企画。ライブステージで障害者の日常生活での「あるある」ネタを芸人が演じて、障害のある人の特性や困りごとを身近に感じてもらい、その後、親の会で丁寧にわかりやすい解説を入れて理解につなげていく。
2 実施日
  令和2年3月21日
3 実施場所
  戸塚地域センター又は戸山サンライズ
14 新宿区落合第二地区町会連合会 1 事業内容
    落合第二地域で行われている「落合さくらまつり」の中で、東京2020大会の気運醸成を図る。
  [1]オリンピック競技である野球・ソフトボールのストラックアウト
  [2]パラリンピック競技であるボッチャの体験
  [3]東京2020オリンピック・パラリンピッククイズ
  [4]東京五輪音頭-2020-
  [5]東京2020大会仕様の会場装飾(東京2020うちわ等での装飾)
2 実施期間
  令和2年3月28日~29日
3 実施場所
  西落合公園
15 社会福祉法人新宿区障害者福祉協会 1 事業内容
  [1]パラスポーツ体験教室
    子どもたちに各種障害者競技(シッティングバレー、車椅子バスケ、車椅子テニス、義足歩行等)を体験してもらい、ハンディキャップの大変さと、努力することの大切さの理解を深め、併せて競技への興味を深めていく。
  [2]各種体験教室
    手話ダンス教室やミニレスリング教室、障害者による茶道お点前披露等を行う。
  [3]イベントオープニング・エンディング
    手話ダンスの団体によるNHK2020応援ソングの「パプリカ」等の手話ダンスの披露を行う。
2 実施日
  令和2年3月1日
3 実施場所
  新宿コズミックスポーツセンター
16 新宿区花道茶道協会 1 事業内容
  [1]茶会
    和菓子と抹茶の体験を行い、大会を契機とした日本文化の継承やPRを行う。
  [2]和菓子作り実演及び活け込み体験
    活け込みの実演と菓子職人による和菓子作りの実演を行い、来場者に鑑賞してもらう。また、活け込み体験も行い、参加者と一 緒に五輪をイメージした生け花を作り上げる。
2 実施日
  令和2年2月23日
3 実施場所
  新宿御苑内『楽羽亭』
17 新宿区立小学校PTA連合会 1 事業内容
  区内小学校14校において、学校単位で競技会(オリンピック・パラリンピック)を行い、表彰する。子ども達をほめて伸ばしながら、東京2020オリンピック・パラリンピックへの期待感を高める。
  [1]過去のオリンピック・パラリンピックを改めて学習
  [2]競技会(オリンピック・パラリンピック)を実施
  [3]表彰式(オリンピック・パラリンピックの表彰式を模した表彰イベント)
2 実施期間
  令和元年11月1日~令和2年3月14日
3 実施場所
  区内小学校14校(津久戸、江戸川、市谷、余丁町、東戸山、四谷、四谷第六、花園、戸山、戸塚第三、落合第二、落合第五、西新宿、新宿養護)※私立を含む区内全小学校に声掛けを行っている
18 一般社団法人染の里おちあい 1 事業内容
  染色を学び、一緒に藍を育てる事業を実施する。なお、令和2年度には、本事業で育てた藍を用いた生葉染めによる、東京2020大会応援フラッグ制作ワークショップの実施を計画している。
  [1]藍の学習ワークショップ
    生葉染めの工程を 学習しながら実際に体験することで、地域で育まれてきた「染めの技術」を次世代に伝える。
  [2]藍の種まきワークショップ
    藍の種をまいて染色に使用する葉を育てる、藍の種まきワークショップを実施する。種まきだけでなく、「藍の育成しおり」で藍が育つ過程や染める方法等も学習する。また、参加者に対して、「藍の種」を配布し、ワークショップ後も染めの文化を楽しんでも らう。
2 実施日
  令和元年10月1日~3月31日
3 実施場所
  落合地域の区立小学校等
19 箱根山駅伝大会2020実行委員会 1 事業内容
  [1]駅伝競走
    都立戸山公園の「箱根山」を、5人1組のチームが手作りのたすきをつないで周回する。各チームのたすきやコスチュームを東京
    2020大会参加国にちなんだものとするほか、ゴール・スタート地点にオリンピック・パラリンピックを連想させるデザインのゲートを設置したり、スタッフ全員が東京2020はっぴを着用するなど、若松地区の東京2020大会として実施する。
  [2]その他来場者参加型イベント
    駅伝参加者や応援観戦者で東京五輪音頭-2020-を踊るなど、来場者参加型のイベントを行う。
2 実施日
  令和2年3月8日
3 実施場所
  東戸山小学校及び都立戸山公園内箱根山
20 東京都公衆浴場業生活衛生同業組合新宿支部 1 事業内容
  東京2020オリンピック・パラリンピック開催を契機に、地域住民が日常的に利用する銭湯の場を活用して東京2020大会の盛り上げを行うとともに、外国人居住者や地域在住の普段あまり銭湯を利用したことがない方へ、日本独自の文化としての銭湯の良さをアピールする。
  [1]提灯リレー
    提灯を聖火に見立てて、新宿区内の銭湯間を聖火リレーならぬ提灯リレーするウォーキングイベントを行う。銭湯間の街並を提 灯行列の如く東京2020はっぴを着用した参加者と練り歩く。各地域の名所等をガイドしながら提灯リレーをする。さらに、東京2020大会仕様に装飾したゆげじいが、各リレーに登場して盛り上げる。
  [2]東京五輪音頭振付講習会・パラリンピック競技プチ体験会
    提灯リレーの最終ゴール地点の新宿スポーツセンターにおいて、東京五輪音頭-2020-の振付講習会とパラリンピック競技のルール説明会を行う。
  [3]銭湯におけるオリンピック・パラリンピックPR
    各浴場にパラリンピック競技のルール説明ポスターの掲示のほか、東京2020大会の金メダル予想投票等を行う。
2 実施日
  令和元年11月26日~3月15日
3 実施場所
  新宿区全域
21 特定非営利活動法人新宿ライフケアセンター 1 事業内容
  [1]イベント「車いすを使って遊ぼう」
    車いすリレーや車いす障害物リレー、車いすスラロームリレー、カローリング、玉入れ等をはじめ、車いすを使って楽しむ競技種目を行う。
    [2]準備会兼講習会(6回)
    [1]のイベントのボランティアスタッフを対象に、車いすや障害、D&Iへの理解を深めるための準備会兼講習会を行う。車いすに乗って走る競技を主軸に、多様な立場の人々が参加できる競技種目の立案及び試行を繰り返していく。 
2 実施日
  令和2年2月16日
3 実施場所
  早稲田小学校体育館
22 特定非営利活動法人あそびと文化のNPO新宿子ども劇場 1 事業内容
  東京2020大会の開催を機に、日本の文化の魅力の再発見や外国文化の面白さを感じてもらうために、公演事業等を実施する。各会場のロビーではパラスポーツ競技の紹介パネル展示を併せて実施し、パラリンピックのPRを行う。
  [1]公演事業
    オリンピックを題材に取り入れた子ども落語や、日本伝統の長唄と海外発祥のゴスペル等との違いやコラボレーションを楽しむステージを行う。
  [2]影絵ワークショップ
    日本の昔から慣れ親しむ手影絵を中心に、影絵の魅力を体験するとともに、影絵で表現する楽しさを味わう。
  [3]わらべ歌講習会
    子どもや、子育て中の親にわらべ歌を伝える。子どもの発達や季節にあわせたわらべ歌を、実践を通して習得する。
2 実施日
  令和元年11月24日~3月20日
3 実施場所
  区立小学校・地域センター等
こうした事業が助成を受けています画像

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。