障害者に向けた支援(新型コロナウイルス感染症対策)

最終更新日:2021年12月1日

ワクチン接種会場における遠隔手話通訳サービスの実施について

ワクチン接種会場における遠隔手話通訳サービスの実施については下記をご覧ください。

代読・代筆サービス

国民健康保険料減免
代読・代筆が必要な方は減免担当へご連絡ください。
【新宿区保険料減免担当】
電話:03-5273-4189
FAX:03-5273-4084
平日9時~17時(※電話が繋がりにくい場合があります。)

重症心身障害児等在宅レスパイトサービス

重症心身障害児等在宅レスパイトサービスについては下記をご覧ください。

特別障害者手当・障害児福祉手当(診断書提出期限の1年間延長について)

令和元年度特別支援学校等の臨時休業に伴う放課後等デイサービス支援等事業に関する補助金請求等について

ご利用者の皆様へ
 令和2年3月度に放課後等デイサービスをご利用の新宿区民の方につきましては、事業所より利用者負担額の還付が発生する場合があります。詳細はご利用の各事業所へお問い合わせください。

在宅で障害者を介護している方が新型コロナウィルスに感染した場合の相談について

在宅で障害者を介護している方が新型コロナウィルスに感染し入院を要するなど、障害者の在宅での生活が一時的に困難となる場合、区では施設への緊急入所などの相談をお受けしています。

【問合せ先】
障害者福祉課支援係 電話:03-5273-4583
               FAX:03-3209-3441

在宅要介護者等への新型コロナウイルス感染症緊急生活支援事業

介護を必要とする障害者が新型コロナウイルス陽性者または濃厚接触者となった場合において、障害者の安定的な自宅療養と日常生活を支援するため、ヘルパーを派遣します。
なお、本事業に関する事業所向けのご案内につきましては、こちらのリンク先をご覧ください。

対象者

[1]障害者本人が、新型コロナウイルス感染症に感染した場合
以下の要件をすべて満たす方
・新宿区内に住所を有する方
・障害福祉サービス受給者証を取得済みの方
・陽性となったが、入院できず、やむを得ず自宅療養となった方
※対象となるかご不明な場合はお問い合わせください。

[2]介護者であるご家族が陽性で、居宅介護サービス等を受けているご本人が濃厚接触者となった場合
以下の要件をすべて満たす方
・新宿区に住所を有する方
・介護者が陽性になったことで、一時的に新たな居宅介護サービス等が必要になった方
・支給決定済みの障害福祉サービス受給者証に記載のある支給決定時間数を超過してサービスが必要になった方 
※対象となるかご不明な場合はお問い合わせください。
 

利用者負担

無料

利用申請

・利用にあたっては、はじめに障害者福祉課支援係にご相談ください。 
  電話 03-5273-4583   FAX 03-3209-3441

実施期間

令和3年12月1日(水)から令和4年3月31日(木)まで

様式

在宅要介護者等緊急一時支援事業利用申込書(第1号様式(第5条関係))[PDF形式107KB]

サービス計画表(第2号様式(第5条関係))[PDF形式26KB]

※申請の前に、まずは障害者福祉課支援係へご相談ください。
  電話 03-5273-4583  FAX 03-3209-3441

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-障害者福祉課
福祉推進係
電話:03-5273-4516
FAX:03-3209-3441

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。