(仮称)地域資源情報管理システムの構築及び運用保守業務委託に係るプロポーザルの結果の公表

最終更新日:2021年7月30日

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据え、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる地域づくりに向けて、「医療」「介護」「住まい」「介護予防・生活支援」等が包括的に提供される「地域包括ケアシステム」の更なる推進が必要です。新宿区では、「(仮称)地域資源情報管理システム」を導入し、区内の医療機関、介護サービス事業所、「通いの場」等の地域資源情報を一元的に管理するとともに、区民に広く情報発信できる環境づくりを進めていきます。
 高齢者自身も含めた多様な世代が主体的に地域の担い手となって支え合い、高齢者の介護予防活動や日常生活を支援する体制の整備を進めていくため、本業務に対応できる事業者選定をプロポーザル方式により実施しました。

【件名】
 (仮称)地域資源情報管理システムの構築及び運用保守業務委託

【事業者】
 トーテックアメニティ株式会社 東京事業所

【事業者評価委員の内訳】
 6人 (区職員及び外郭団体職員)


本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-地域包括ケア推進課
地域包括ケア推進係
電話:03-5273-4193 FAX:03-6205-5083

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。