(仮称)新宿区公契約条例の制定に向けた骨子の策定及びパブリック・コメントの実施結果について

最終更新日:2019年4月25日

 新宿区では、消費税率の引上げや、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会終了後の景気動向等に適切に対応するため、現在の公契約に係る制度の強化を図る必要があると認識しています。
 そこで、公契約における更なる労働環境の整備を推進するなど、公契約に係る制度の強化を図り、公共サービス調達における品質の確保を持続可能なものとするため(仮称)新宿区公契約条例の制定を進めています。条例制定の検討にあたっては条例骨子案を策定し、平成31年2月15日から3月8日までの間、パブリック・コメントを実施しました。
 この度、いただいたご意見に対する区の考え方をまとめるとともに、条例骨子を策定しましたのでお知らせします。
   今後は、骨子を基に、(仮称)新宿区公契約条例の制定を進めていきます。
 

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 総務部-契約管財課
契約係☎03-5273-4075

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。