新宿区と沼田市は地球環境保全協定を結びました
地域を越えて森林育成などの環境保全に取り組んでいます

最終更新日:2014年3月16日

調印式の写真協定を結び握手する中山区長と星野市長
 平成22年3月6日(土)新宿区は、群馬県沼田市と協力して環境保全に取り組むために、「地球環境保全協定」を結びました。
 イベント等を通じた交流とあわせて、新宿区の水源である沼田市内の森林の保全や、自然体験学習など環境保全にも重点的に取り組んでいます。 

協定について

 協定には、主に以下の項目を掲げ、新宿区と沼田市は協力して環境保全に取り組んでいます。

協定書の主な取り組み

1.沼田市内で森林を育成し、保護します
2.森林育成を通じて、新宿区と沼田市が環境学習に取り組みます
3.森林育成に伴う二酸化炭素の吸収量を新宿区の二酸化炭素排出量から相殺する仕組みをつくります
4.その他の環境保全に関することに取り組みます
植林したコナラ植林したコナラ

新宿の森・沼田について

 「地球環境保全協定」に基づき、沼田市内のゴルフ場跡地に「新宿の森・沼田」を開設し、木を植え、下草を刈り森を育てています。
 
<森林整備>
 平成22年度から約12haの土地に、植林・下草刈りといった森林の整備を行っています。

<自然体験・環境学習>
 一部は区民の皆さんに植林や下草刈りを行っていただき、森を育てるとともに、自然体験・環境学習の場として活用しています。

<地域間交流>
 区民の皆さんと一緒に地元白沢地区の方も参加して植林・下草刈りを行っています。
 作業後には、交流BBQで交流を深めています。

「新宿の森・沼田」の概要

1 整備開始時期 平成22年度
2 整備対象面積 約12ha
3  植林本数 約24,000本
4 イベント 植林イベント・下草刈りイベントを毎年開催

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

お探しのページは見つかりましたか?
本ページの情報は役に立ちましたか?