• 【未使用カテゴリ】
  • 開発許可制度
  • 都市計画法施行令第19条

都市計画法施行令第19条

都市計画法施行令第19条(法第29条第一号の政令で定める規模)

第19条 法第29条第1項第一号の政令で定める規模は、1,000㎡とする。
ただし、市街化の状況により、無秩序な市街化を防止するため特に必要があると認められるときは、都道府県知事は、都道府県の規則で、区域を限り、300㎡以上1,000㎡未満の範囲内で、その規模を定めることができる。

2 都の区域(特別区の存する区域に限る。)及び市町村でその区域の全部又は一部が次に掲げる区域内にあるものの区域についての前項の規定の適用については、同項中「1,000㎡」とあるのは、「500㎡」とする。

一 首都圏整備法第2条第3項に規定する既成市街地又は同条第4項に規定する近郊整備地帯
二 略
三 略

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。