平成17年度導入検討調査

1.調査の目的

新宿区では、新たな路線バスの開設が利用者の利便性向上を図り、地域活性化につながる有効な手段であることに着目し、平成17年度・18年度の2ヵ年でバス導入に向けての検討を行っている。平成17年度調査は、新宿駅周辺及び区内全域を対象として、地域の現状や関連計画を整理するとともに、地域活性化の観点から利用者及び事業者ニーズを把握し、地域活性化バスの基本的な考え方を整理することを目的に実施した。

2.検討の枠組み

本検討では以下の2通りの枠組みを設定し、調査・検討を行った。

[1]新宿駅周辺における都心循環型バス
[2]新宿区全域における地域バス

3.新宿駅周辺における都心循環型バス

(1) アンケート調査
都心循環型バスのニーズ、導入への協力意向等を把握するため、新宿駅周辺で街頭アンケートを実施した。また、商店会、事業者・駐車場へもアンケートを実施した。

(2) 概略収支の検討
(1)のアンケート調査結果を踏まえてモデルルート・運賃の設定を行い、事業収支の概略推計を行った。その結果、1つのケースを除き、いずれも料金収入が運行費用を上回り、黒字になる結果となった。

(3) 導入実現に向けてのポイント及び今後の進め方
甲州街道、靖国通り等における慢性的な道路混雑による定時性確保に問題があるため、渋滞緩和策(道路整備、違法駐車対策等)も含め検討する。具体的なバス導入方針やバスの運行をサポートするための渋滞対策を協議・調整する場として、「新宿駅周辺循環型バス導入対策協議会(仮称)」を設置する。

4.新宿区全域における地域バスの検討

(1) 検討対象地区の選定
本検討では、バス停から200m以上離れている地区をバス利用が不便で地域バスの導入が望まれる地区であると考え、各地区における土地利用、高齢者率、標高差、史跡・文化財の分布から「落合」「箪笥」「四谷」の3地区を優先的に検討すべき地区として抽出した。

(2) アンケート調査
地域バスのニーズ、導入への協力意向等を把握するため、上記3地区にある町会・商店会にアンケート調査を実施した。

(3) 概略収支の検討
アンケート調査結果を踏まえて、モデルルート・運賃の設定を行い、事業収支の概略推計を行ったところ、いずれの地区でも運行費用が料金収入を大きく上回り、大きな赤字になる結果となった。

(4) 導入実現に向けてのポイント及び今後の進め方
運賃収入のみでは赤字になることが想定されるため、いかにして需要を確保するかを、行政・バス事業者等が地域住民と共に考え、将来どのような交通体系(移動サービス等)を地域に築いていくのかを模索していく必要がある。以上のような検討を行う場として「地域バス勉強会(仮称)」を設置する。


⇒(第1回は、平成18年秋ごろ開催予定)

※注 箪笥の「箪」の字は、正式には(竹かんむりに單)と書くが、一般的なフォントには存在しないため、「箪」の字で代用した。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 みどり土木部-交通対策課
電話:03-5273-4265
ファクス番号:03-3209-5595

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。