議事次第

日時:平成18年7月12日(水)
18:30~20:30
場所:新宿文化センター 小ホール

1 開会

2 報告

『平成17年度・地域活性化バス導入検討調査について』
新宿区 都市計画部 都市計画課

3 講演

『地域が創り・支える公共交通について~神戸市・住吉台くるくるバスの事例を参考に~』

森栗 茂一氏(大阪外国語大学教授)

4 パネルディスカッション

テーマ『新宿区における地域交通の課題と将来の方向性』

コーディネーター:
秋山哲男氏(首都大学東京教授)

パネラー:
森栗 茂一氏(大阪外国語大学教授)
鈴木 文彦氏(交通ジャーナリスト)
立川 吉彦氏(東京商工会議所会員)
岡野 誠氏(東京都交通局自動車部計画課長)
武田 勉氏(ケイビーバス株式会社運輸部長)
藤牧 功太郎氏(新宿区都市計画部都市計画課長)

5 閉会

[配布資料]
  • 議事次第 及び パネルディスカッション参加者ご紹介
  • 資料-1:『平成17年度・地域活性化バス導入検討調査について』
  • 資料-2:『地域が創り・支える公共交通について~神戸市・住吉台くるくるバスの事例を参考に~』
  • 資料-3:『住吉台くるくるバス』
  • シンポジウム参加者様へのアンケート

パネルディスカッション参加者ご紹介

● 秋山哲男(あきやま てつお)
1948年東京都生まれ。首都大学東京 都市環境学部 建築都市コース 及び 都市環境科学研究科 都市システム科学専攻 教授。専門は都市交通計画・福祉のまちづくり。都市内の交通、特に交通弱者と新しい公共交通のあり方に関する研究を行う。著書に「バスはよみがえる」(共著、日本評論社、2000)、「都市交通のユニバーサルデザイン―移動しやすいまちづくり」(国土交通省都市交通調査室監修・共著、学芸出版社、2001)など。

● 森栗茂一(もりくり しげかず)
1954年神戸市生まれ。大阪外国語大学 外国語学部 国際文化学科 開発・環境講座 教授。東灘交通市民会議座長、NPO法人神戸まちづくり研究所理事。2007年より、大阪大学大学院共通研究プロジェクトのためのコミュニケーションデザインセンター、まちコミュニケーション部門教授。専門は都市生活学・都市民俗学。著書に「神戸―震災をこえてきた街ガイド」(共著、岩波ジュニア新書、2004)、「河原町の歴史と都市民俗学」(明石書店、2003)など。

● 鈴木文彦(すずき ふみひこ)
1956年山梨県生まれ。フリーの交通ジャーナリストとして、雑誌「鉄道ジャーナル」「総合交通」などに執筆するほか、「運輸と経済」「バスジャパン・ハンドブック」「モビリティ」「旅」などにバス・鉄道に関する論文・取材記事を多数掲載。著書に「新バスシステム-元気なバスは地域の宝物」(共著、地域科学研究会、2005)、「路線バスの現在・未来」(グランプリ出版、2001)など。

● 立川吉彦(たちかわ よしひこ)
有限会社大野屋・代表取締役社長。四谷地区商店会「四谷一栄会」副会長、東京商工会議所会員。四谷地区で、地区を巡回するバスの試験走行や、来街者向け「地域マップ」の作成、「四谷大好き祭り」開催、「一店逸品」運動など、さまざまな地域活性化の取り組みを精力的に行う。

● 岡野 誠(おかの まこと)
東京都交通局自動車部計画課長

● 武田 勉(たけだ つとむ) 
ケイビーバス株式会社運輸部長

● 藤牧 功太郎(ふじまき こうたろう)
新宿区 都市計画部 都市計画課長

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 みどり土木部-交通対策課
電話:03-5273-4265
ファクス番号:03-3209-5595

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。