新宿区移動等円滑化促進方針の策定等に関する業務委託
~公募型プロポーザルの結果の公表~

最終更新日:2019年6月24日

 新宿区では、高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律(平成12年法律第68号)(以下「交通バリアフリー法」という。)に基づく「新宿区交通バリアフリー基本構想」(以下「基本構想」という。)を平成17年4月に策定し、公共交通機関や道路等における一体的・面的・継続的なバリアフリー化を進めてきました。
 基本構想策定後、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年法律第91号)(以下「バリアフリー新法」)の制定及び改定、高齢化のますますの進展など、バリアフリーを取り巻く環境が変化していることから、より一層のバリアフリー化を進めることが必要です。
 このため、バリアフリー新法に基づき、公共交通機関や特定の建築物・道路等の事業者、管理者と連携しながらソフト面・ハード面の一体的・面的・継続的なバリアフリーを推進することを目的とし、これまでの取組を検証し、新たな方針の策定について検討を進めています。
 移動等円滑化促進方針の策定には、バリアフリー施策に関する調査、分析能力など幅広い知識、実績が求められ、それら技術力を有するコンサルティング業者を選定するため、公募型プロポーザル方式により、広く事業者から提案を募集しました。
 今般、委託候補事業者を選定しましたので、公表します。

     件名       新宿区移動等円滑化促進方針の策定等に関する業務委託
 委託候補事業者名  八千代エンジニヤリング株式会社 事業統括本部
    選定委員     区職員6名

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。