人材育成の概要

最終更新日:2016年11月2日

 新宿区では、「人材育成基本方針」に基づき、職員への継続的な能力開発や各職場への人材育成支援を行っています。

人材育成センター

人材育成センター取組概要

 基本構想・総合計画を実現し、政策形成能力など分権時代にふさわしい能力を有した職員を育成するため人材育成センターを拠点として、人材育成支援を行っています。

(1) 人材育成アドバイザー及び専任講師等による人材育成事業の実施
 民間研修機関の経験豊かな講師を人材育成アドバイザーとして活用し、「自ら考え行動する」職員の育成、自律的な組織風土への変革を行っています。
 また、専任講師を配置し、実務を遂行する上で欠かせない知識や法令等の基礎的能力の向上を図っています。

(2) 自考・自律型職員研修
 自己の職務経験の振り返りと将来像の設定、目標管理型人事考課制度の理解等を通じて、仕事の将来展望や組織貢献目標を明確化し、目標達成に向けて主体的行動を促す研修を行っています。

(3) 人事制度との連携
 職員のキャリアデザインや能力開発の取組みを、職務意欲や昇任意欲の向上に結びつけています。

(4) 各職場への人材育成支援(自律と相互理解)
 日々の仕事の実践の場である職場での職場研修(OJT)について、各職場への支援を積極的に行っています。また、自律した職員同士や組織間が相乗効果を上げることができるよう、相互理解を進めています。

(5) 職場外(集合)研修
 職員自らが主体的に能力開発を行うために「ステージ型選択研修」と「未修教科受講型職層研修」を実施しています。
 「ステージ型選択研修」は、在職期間を経験年数や職層に応じた3つのステージに分け、その期間に身につけておくべき能力(研修)を明確にした研修体系で、能力開発目標に応じて個々に研修を選択するものです。
 「未修教科受講型職層研修」は、職層ごとに同一レベルの能力向上を図る従来の職層研修の役割を残しながら、選択制の長所を取り入れた職層研修です。

(6) 新宿自治創造研究所との連携
 職員の政策形成能力を高めるために、新宿区の自治についての調査研究・政策提言を行う新宿自治創造研究所と連携しています。

(7) 基本研修
 仕事を進めていくうえで不可欠な、基本的な研修を行っています。

(8) 広報紙(人材育成通信Jinzai)の発行
 能力開発の意識啓発、研修の情報発信等を行うために、人材育成通信Jinzaiを発行しています。

新宿区のめざす職員像

 基本構想で定められている「『新宿力』で創造する、やすらぎとにぎわいのまち」の実現に向けて、新宿区では、以下のような職員像をめざしています。

私たちがめざす職員像

☆ 区民の立場で考え、区民と協働できる職員
☆ 変化に柔軟に対応し、自ら政策を立案できる職員
☆ 公務員としての基礎力を向上させ、職場や仕事を改善する職員

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 総務部-人材育成等担当課・人材育成センター
研修担当 TEL:03-3365-3471

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。