新宿区景観形成ガイドライン

新宿区景観形成ガイドラインについて

 新宿区景観形成ガイドラインは、新宿区景観まちづくり計画第2章「2 良好な景観の形成に関する方針」に基づいて、地域の景観特性に応じた良好な景観の形成を推進するための指針として、定めるものです。
 景観法に基づく届出のみでは、行為の制限(景観形成基準)による「規制」に留まり、良好な景観を誘導していくには限界があります。景観形成ガイドラインは、新宿区と事業者の景観事前協議に活用し、良好な景観の形成に向けての区の考え方を明確にすることで、事業者の積極的な取り組みも促しながら、地域特性を踏まえたきめ細やかな景観誘導を行います。
 また、地域住民が中心となって、区分地区に景観法に基づく行為の制限を定めたり、景観地区や景観協定などの各種制度を活用する場合にも、景観形成ガイドラインを活用していきます。
 その他、景観形成ガイドラインは、東京都の施策と連携して景観形成を推進していくためにも活用します。新宿区は、景観法による諸制度と景観形成ガイドラインを活用した区独自の施策を実施しながら、景観まちづくりを推進していきます。

PDF版のダウンロード

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 都市計画部-景観・まちづくり課
電話:03-5273-3831

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。