平成30年度ワーク・ライフ・バランス推進企業認定事業コンサルティング業務及びセミナー、勉強会の企画・運営業務委託事業者を募集します。

最終更新日:2018年2月7日

 新宿区では、
(1) 「ワーク・ライフ・バランス推進企業認定事業」として、新宿区内に事業所のある企業を対象とし、企業からの申請に基づき、区がワーク・ライフ・バランス(仕事と生活との調和)に取り組んでいる企業を認定しています。
 「ワーク・ライフ・バランス推進企業」として認定された企業には、認定証を交付しています。
 また、「ワーク・ライフ・バランス推進宣言企業」として認定された企業には「ワーク・ライフ・バランス推進企業」認定へステップアップできるよう支援しています。「推進企業」または「推進宣言企業」として認定を受けた企業のうち、さらにワーク・ライフ・バランスを推進するために、具体的な助言や指導等を希望する企業に対し、コンサルタントを派遣し、企業の具体的な取り組みを支援しています。

(2) ワーク・ライフ・バランスセミナー、勉強会は、新宿区内に事業所のある企業を対象に、[1]ワーク・ライフ・バランスの推進につながる取り組み事例や国や都の取り組みを踏まえたセミナー、[2]ワーク・ライフ・バランスの推進につながる企業間ネットワークの構築や事例研究を行う勉強会を開催します。
 また[1][2]の開催により上記(1)の事業がより活性化し、認定企業数の増とともに、認定企業のより一層の取組み促進が図られることを目指しています。これらを通じ、働きやすい職場環境づくりを行い、ワーク・ライフ・バランスの推進を図ることを目的としています。
 
 今回の公募は、こうした目的を踏まえ、ワーク・ライフ・バランスに取り組む意向のある企業に対してコンサルティングを行い、また区内事業者等に向けたワーク・ライフ・バランスセミナー、勉強会を開催できる事業者を選定するために実施するものです。

委託事業内容

(1)ヒアリング
 ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度に申請した企業に対する申請書及びレベル診断チェックシートに基づくヒアリングの実施。

(2)コンサルティング
 ヒアリングを実施した企業のうち、区の指定する企業(コンサルティングを希望する企業)へのコンサルタントの派遣及びワーク・ライフ・バランス推進のために必要な事項に関するコンサルティングの実施。実施回数は、1企業あたり5回までを限度とし、企業の状況に応じて1回以上行う。

【コンサルティングの例】
ア 経営者、人事労務担当者へのワーク・ライフ・バランスについての説明
イ 就業規則の照会
ウ 就業規則の作成または改正に関するアドバイス
エ 国・東京都などのワーク・ライフ・バランスに関する制度の紹介
オ ワーク・ライフ・バランス推進のための職場環境整備についての提案・アドバイス
カ 就業規則の変更・労働基準監督署への届出
キ 具体的な企画・立案、運用指導   
ク 上記の他、ワーク・ライフ・バランス推進のために必要な事項

(3)ワーク・ライフ・バランスの普及・啓発
 ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度の周知等、ワーク・ライフ・バランスの推進に関する普及・啓発を行う。

(4)ワーク・ライフ・バランスセミナー、勉強会の企画・運営
 ワーク・ライフ・バランスの推進につながる取組み事例や国や都の取組みを踏まえたセミナー、ワーク・ライフ・バランスの推進につながる企業間ネットワークの構築や事例研究を行う勉強会を年間6回開催する。(会場は、区施設を利用)

(5)(1)~(4)についての実施報告書の提出
 (1)のヒアリングで確認した企業の状況について、所定の様式(【参考】第3号様式)で報告書を作成する。ワーク・ライフ・バランスについての工夫・改善が必要と思われる事項等についても、記載すること。
 (2)のコンサルティングを実施した企業への、主なアドバイス項目及び内容、改善点などについて、上記同様所定の様式に記載すること。
 (3)の普及・啓発について、具体的な内容を所定の様式(【参考】第4号様式)に記載すること。
 (4)のセミナー、勉強会について、実施内容及びアンケート等により参加者満足度等を報告すること。

 上記(1)~(3)の一月における件数及び内容について、毎月実施報告書を提出する。(4)については、実施後、速やかに実施報告書を提出する。

(6)新宿区のワーク・ライフ・バランス施策推進のための助言及び協力
  ワーク・ライフ・バランス推進企業認定審査会、ワーク・ライフ・バランス推進優良企業選定審査会等において、必要に応じ、ヒアリング報告(報告書作成含む)や専門的な助言等を行う。


募集期間及び連絡先

 事前に電話で連絡の上、平成30年2月7日(水)から2月21日(水)午後5時までに、応募に必要な提出物一式を提出する。(期限を過ぎた場合は無効)

(1)提出場所:新宿区立男女共同参画推進センター 1階 事務室
新宿区荒木町16 電話03-3341-0801  FAX03-3341-0740

(2)提出時間:午前8時30分から午後5時まで(土日祝は除く)
*問い合わせは、上記へ。

(3)提出方法:持参(郵送は不可)

企画提案書について

 以下(1)~(7)を企画提案書(様式1)に盛り込むこと。記載欄については必要に応じて拡張、縮小して差し支えない。

(1) ワーク・ライフ・バランスのコンサルティング及びセミナー、勉強会に取り組む理念・コンセプト等
 「ワーク・ライフ・バランス」というテーマのコンサルティングを実施するにあたり、御社の理念や方針、コンセプト等について。   

(2) ヒアリング実施方法 
 レベル診断チェックシートに基づくヒアリングの実施方法について(申請企業必須)。ヒアリングの実施回数は1社あたり1回。おおよその所要時間についても記載。

(3) 申請企業の状況に応じたコンサルティングの回数・スケジュール(コンサルティングの回数は1社あたり最大5回まで)
 企業の想定される状況に応じた、コンサルティングが必要と思われる回数、スケジュール等について。おおよその所要時間についても記載。

(4) コンサルティング及び具体的なアドバイス・プランニングの実施方法
 (3)と組み合わせた記載でも可。どのような状況の企業に対して、どのようなアドバイスやプランニングを行っていくか。

(5) ワーク・ライフ・バランスの普及・啓発の内容、方法
 新宿区が行うワーク・ライフ・バランス施策・制度の周知等、ワーク・ライフ・バランスの推進に関する普及・啓発の実施方法について。

(6) ワーク・ライフ・バランスセミナー、勉強会の企画・運営方法
 年度内6回の実施。実施時期等のスケジュールや実施方法。内容の概要、効果的な周知方法、ワーク・ライフ・バランス推進企業認定事業との連携の工夫等。

(7) その他
 事業の受託にあたり、上記の項目以外に提案したいこと、工夫できること等。

選定方法及びプレゼンテーション

【選定方法】

(1)事業委託予定者は選定委員会の審査に基づき、区が決定する。
(2)審査は、書類審査(第一次審査)及びプレゼンテーション(第二次審査)により行う。

[1] 第一次審査
 提出された書類に不備のない応募事業者について、提出書類の審査を行い、上位3社までを第一次審査通過事業者とする。書類審査は、企画提案書等必要な提出物の他、任意提出資料についても加味した上で行う。審査終了後、3月2日(金)発送予定で、結果を各応募事業者へ通知するとともに、審査通過事業者には、プレゼンテーションの開催日時等を併せて通知する。

[2] 第二次審査
 第一次審査通過事業者を対象に、企画提案内容等について、プレゼンテーションを実施する。企画提案書をもとにした口頭説明のほか、パワーポイントによる説明も可。(パソコン、プロジェクター等の機材は持参。附帯設備のスクリーンのみ、区が用意することは可能。)

(3) 選定結果については、3月26日(月)発送予定で文書により通知する。

【プレゼンテーション】

(1)開催日時  平成30年3月14日(水)午後
(2)場  所  新宿区立男女共同参画推進センター(新宿区荒木町16番地)
(3)内  容  [1]企画提案書等による提案事項の説明
         [2]提案事項に関する質疑応答
*時間については別途通知を送付する。(審査通過事業者にのみ)

※詳細については、必ず下記の募集要項を参照してください。


本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。