新生児子育て応援臨時給付金給付事業

最終更新日:2020年9月15日

 新宿区では、新型コロナウイルス感染症の拡大により、不安を抱えながら出産を迎えた家庭の経済的な負担を軽減し、子どもの健やかな成長を支援するため、区独自の子育て支援として、令和2年4月28日以降に新生児を出生した子の保護者に対し、新生児子育て応援臨時給付金を給付します。

給付対象新生児

令和2年4月28日から令和3年3月31日までに生まれた子
※令和2年8月28日以前に区外へ転出している新生児を除きます。
※期間内に出生し、新宿区に転入した子も含みます。

給付対象者

対象新生児とともに新宿区に住民登録があり、新生児を養育する保護者
※令和2年8月28日以前に区外へ転出している方を除きます。

給付金額

対象新生児1人につき、100,000円
※新生児子育て応援臨時給付金の給付は対象新生児1人につき1回です。
 

給付の方法及び給付の時期(令和2年9月18日時点で区の乳幼児医療証をお持ちの方)

乳幼児医療証の交付申請時にご登録いただいている銀行口座を活用するため、区の乳幼児医療証をお持ちの方は申請不要です。
(1)令和2年9月18日時点で、区の乳幼児医療証をお持ちの方に対し、10月1日に新生児子育て応援臨時給付金の案内文を送付します。
(2)新生児子育て応援臨時給付金の給付を希望されない方のみ、給付拒否の届出書をご提出ください。
(3)乳幼児医療証の交付申請時にご登録いただいた銀行口座へ、10月30日に区より新生児子育て応援臨時給付金を給付します。

※乳幼児医療証の交付対象外の方(日本の健康保険に加入していない方、生活保護の方等)は、新生児子育て応援臨時給付金申請書の提出が必要です。新生児子育て応援臨時給付金申請書の提出が必要と思われる方には、子ども家庭課より10月1日に保護者の方あてに、新生児子育て応援臨時給付金申請書等を送付します。

給付の方法及び給付の時期(令和2年9月19日以降に区の乳幼児医療証を申請される方)

乳幼児医療証の交付申請時にご登録いただく銀行口座を活用するため、乳幼児医療証の手続きがお済みになりましたら、新生児子育て応援臨時給付金申請書等の提出は不要です。
(1)区の乳幼児医療証のご申請の手続きがお済みになりましたら、後日、子ども家庭課より保護者の方あてに、新生児子育て応援臨時給付金の案内文を送付いたします。
(2)新生児子育て応援臨時給付金の給付を希望されない方のみ、給付拒否の届出書をご提出ください。
(3)乳幼児医療証の交付申請時にご登録いただいた銀行口座へ、11月以降、各月の末日に区より新生児子育て応援臨時給付金を給付します。

※乳幼児医療証の交付対象外の方(日本の健康保険に加入していない方、生活保護の方等)は、新生児子育て応援臨時給付金申請書の提出が必要です。新生児子育て応援臨時給付金申請書の提出が必要と思われる方には、子ども家庭課より保護者の方あてに、新生児子育て応援臨時給付金申請書等を送付します。

関係書類

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 子ども家庭部-子ども家庭課
子ども医療・手当係
【区役所本庁舎2階15番窓口】
〒160-8484新宿区歌舞伎町一丁目4番1号
電話:03-5273-4546(ダイヤルイン)
ファクス番号:03-3209-1145

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。