麻しんの対応について~医療機関の方へ~

最終更新日:2018年8月10日

麻しんは、沖縄県では終息宣言が発表されたところですが、都内では複数患者が発生しています。

国立感染症研究所 発生動向調査
医療機関におかれましては、発熱や発しんを呈する患者が受診した際、予防接種歴の確認等の麻しんを意識した診療を行っていただくとともに、麻しんと診断した場合は新宿区保健所に対して速やかに発生を届け出ることや、感染力の強さを鑑みた院内感染対策の実施についてお願いいたします。


※ 麻しんは、診断されたら、直ちに管轄保健所に届け出ていただくこととされています。

     届出様式は以下のとおりです。
     http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/survey/kobetsu/

届出先

(1)新宿区保健所 保健予防課予防係
   TEL 03-5273-3859
     FAX  03-5273-3820

夜間・休日に連絡を行う場合
(2)東京都保健医療情報センター(ひまわり)
   TEL  03-5272-0303
        FAX 03-5285-8080

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。