精神保健講演会「統合失調症の基礎と周囲の対応について」を開催します

最終更新日:2018年8月27日

 統合失調症は、約100人に1人が発症すると言われ、精神疾患の中でも身近な病気です。
 周囲が気づける症状もありますが、それは患者さんの体験している症状の一部分にすぎません。
 また、統合失調症を発症すると、家庭生活や社会生活での不都合が生じ、周囲の方の病気の理解やサポートが必要です。
 患者さんの体験する症状や生活の変化などを理解し、接し方について考えてみましょう。

開催予定

日程 平成30年9月27日(木)午後3時~5時
会場 新宿区役所第二分庁舎分館 1階会議室
地図
対象 区内在住・在勤・在学の方 先着50名
費用 無料
申し込み方法 8月27日(月)より、新宿区保健所保健予防課保健相談係へ申込み
講師 医療法人財団厚生協会 大泉病院
精神科医師 山澤 涼子 先生
申込み・問合せ 保健予防課保健相談係
電話:03(5273)3862
FAX:03(5273)3820

講演会チラシ

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-保健予防課
保健相談係
電話:03(5273)3862
FAX:03(5273)3820

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。