新型コロナウイルスワクチン接種(はじめにお読みください)

最終更新日:2022年5月25日

初回接種(1回目・2回目接種)

接種の対象

 新型コロナワクチンの初回接種(1回目・2回目接種)対象は、原則、日本国内に住民登録がある12歳以上の方です(国籍は問いません。)。小児接種(5歳~11歳)の新型コロナワクチンの接種については、小児接種(5~11歳)の新型コロナウイルスワクチンの接種について(別ページへ移動します)をご確認ください。
 妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方にとってもワクチン接種はメリットがあるため、接種をご検討ください。詳しくはQ&Aをご覧ください。
小児接種(5~11歳)については、以下のページで確認できます。  

接種ワクチンの回数と接種の間隔・接種対象年齢  

初回の接種は2回必要です。
 

ワクチン 1回目と2回目の標準接種間隔 接種対象年齢

ワクチン 1回目と2回目の標準接種間隔 接種対象年齢
ファイザー社 3週間 12歳以上
モデルナ社 4週間 12歳以上
※新宿区の集団接種会場では、アストラゼネカ社のワクチン及び武田社のワクチン(ノババックス)を接種することはできません。アストラゼネカ社のワクチン(1~2回目接種、原則40歳以上)の接種及び武田社のワクチン(ノババックス)(1~3回目接種、18歳以上)を希望される方は、東京都へお問い合わせください。  

1回目と2回目の接種間隔

標準の接種間隔を超えても、2回目の接種を受けることができます。接種できる間隔の上限が決められているわけではありません。接種を1回目からやり直すことはできません。なるべく早く、2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。
なお、標準の接種間隔を超えた場合の効果は十分に検証されていませんが、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間(ファイザー社のワクチン)または4週間(モデルナ社のワクチン)を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。
 

接種会場(集団接種)

元気館等で初回(1回目・2回目)接種を実施しています。
予約方法等、詳しくは「区施設等での集団接種」(別ページを新規ウィンドウ表示)をご覧ください。
 

接種会場(個別接種)

現在、個別接種を実施する医療機関では、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目接種、4回目接種)を優先的に実施しています。このため、初回(1回目・2回目)接種をご希望の場合は、追加接種を実施している医療機関にご相談ください。

追加接種(3回目接種)

対象者

以下を全て満たす方。
  • 2回目接種を完了した日から、5~6か月が経過した方※1
  • 12歳以上の方※2
  • 日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※3)が完了している方
※1 ファイザー社ワクチン、モデルナ社ワクチンは5か月を経過した方、武田社ワクチン(ノババックス)は6か月を経過した方が対象
※2 ファイザー社ワクチンは12歳以上、モデルナ社ワクチン、武田社ワクチン(ノババックス)は18歳以上が対象
※3 次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチン、武田社のワクチン(ノババックス)、復星医薬(フォースン・ファーマ)/ビオンテック社製の「コナミティ」、インド血清研究所が製造する「コビシールド」 「コボバックス」、ヤンセンファーマ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。
  • 海外で2回接種した方
  • 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  • 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  • 製薬メーカーの治験等で2回接種した方
(注)ヤンセンファーマ社のワクチンにおける初回接種の回数は1回です。海外で1回接種が完了している場合、日本では2回目接種が完了しているものとみなし、海外で2回目接種が完了している場合、日本では3回目接種が完了しているものとみなします。

ワクチンの種類

  • ファイザー社製
  • モデルナ社製
  • 武田社製(ノババックス)※
※都大規模接種会場でのみ、接種可能
  

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種を受けられます。
 

3回目接種の詳細については、以下のリンク先ページをご確認ください。

接種会場(集団接種)

元気館や各地域センター等で接種を実施しています。
予約方法等、詳しくは「区施設等での集団接種」(別ページを新規ウィンドウ表示)をご覧ください。
 

接種会場(個別接種)

個別医療機関での接種を希望される方は、次のリンク先ページを確認し、各医療機関に予約をお願いします。

追加接種(4回目接種)について

 新型コロナウイルス感染症は、高齢者ほど重症化しやすく、一定の基礎疾患を有する方についても重症化しやすいことが明らかとなっています。このようなデータや諸外国の動向等を踏まえ、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化予防を目的として、4回目接種を実施することとなりました。

対象者

 追加接種(3回目)または追加接種(3回目)に相当する接種を完了した日から5か月以上経過した方のうち、次のいずれかに該当する方。
  • 60歳以上の方
  • 18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方、重症化リスクが高いと医師が認める方、医療従事者、高齢者施設等従事者
 
※ 追加接種に相当する接種の種類
  • 海外で3回接種した方
  • 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で3回接種した方
  • 在日米軍従業員接種で3回接種した方
  • 製薬メーカーの治験等で3回接種した方
 なお、いずれも日本で薬事承認されている以下の製薬メーカーのワクチンを接種している場合に限ります。
  • ファイザー社ワクチン
  • モデルナ社ワクチン
  • アストラゼネカ社ワクチン
  • 武田社製ワクチン(ノババックス)
  • 復星医薬(フォースン・ファーマ)/ビオンテック社製の「コミナティ」
  • インド血清研究所が製造する「コビシールド」「コボバックス」
  • ヤンセンファーマ社のワクチン
(注)ヤンセンファーマ社のワクチンにおける初回接種の回数は1回です。海外で1回接種が完了している場合、日本では2回目接種が完了しているものとみなし、海外で2回接種が完了している場合、日本では3回接種が完了しているものとみなします。  

ワクチンの種類

  • ファイザー社製
  • モデルナ社製
 

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種を受けられます。
 

4回目接種の詳細については、以下のリンク先ページをご確認ください。

接種会場(個別接種)

個別医療機関での接種を希望される方は、次のリンク先ページを確認し、各医療機関に予約をお願いします。

接種会場(集団接種)

元気館や区役所第一分庁舎等で接種を実施しています。
接種会場、接種スケジュール、予約方法等、詳しくは「区施設等での集団接種」(別ページに移動します)をご覧ください。

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となります。署名がなければワクチンの接種は受けられません。詳しくは「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

余剰ワクチンの扱いについて

 余剰ワクチン接種者リストを作成し、区施設等での集団接種や地域の医療機関での個別接種において、キャンセル等で生じた余剰ワクチンを廃棄せずに有効活用しています。
 余剰ワクチン接種者リストには、介護職の方、幼稚園や小中学校の教職員、保育士、予防接種の特設会場に携わる職員等が登録されています。

本ページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話:03-3208-2222
ファクス:03-5273-4357

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。