感染性胃腸炎による院内感染防止対策について

最終更新日:2019年1月7日

 院内感染によるノロウイルスの集団発生を疑う場合や、院内感染との因果関係が否定できない死亡事例が発生した場合は、速やかに管轄保健所(新宿区内の事例は新宿区保健所)へ報告をお願いいたします。
 各医療機関においても、ノロウイルス等の感染性胃腸炎に対し十分な注意を払うとともに、院内感染対策の徹底(手洗いの徹底や、糞便・吐物の適切な処理等)をお願いいたします。

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。