新宿区
生活情報新宿区のあらまし日本語を学ぼう外国語情報PDF版
英語 中国語 韓国語

がん検診を受けましょう

ご加入の健康保険に関わりなく、新宿区民の方は年齢により 以下のがん検診が受診可能です。
(年齢は2018年3月31日までに誕生日を迎えた時点での満年齢)

検診項目 受診対象者 自己負担
金額 ※4
検診内容
胃がん
※1
胃内視鏡 50歳以上の方 2,000円 問診、口または鼻から内視鏡(カメラ)を挿入します。観察中に組織の採取やポリープの切除を行った場合は、検診ではなく保険診療となります。
胃部エックス線
(バリウム)
1,900円 問診、バリウム投与によるエックス線撮影を行います。
大腸がん 40歳以上の方 600円 問診、便潜血反応検査 (2日間)を行います。
肺がん
※2
胸部エックス線のみ 40歳以上の方 900円 問診、胸部エックス線撮影を 2方向から行います。
(喀痰細胞診は痰の検査)
胸部エックス線
+喀痰
50歳以上で
喫煙指数の高い方
1,200円
子宮頸がん※3 20歳以上で
偶数年齢の女性
900円 問診、視診、細胞診、内診を行います。
乳がん※3 40歳以上で
偶数年齢の女性
800円 問診、マンモグラフィ(エックス線撮影)を行います。
前立腺がん 50歳以上の男性
(新宿区健康診査の受診対象者は健康診査と同時実施のみ)
200円 問診、採血し、PSAという腫瘍マーカーを測定します。

※1 胃がん検診は、2年に1回受診できますが、胃内視鏡か胃部エックス線のどちらかを選択いただきます。胃部エックス線検査を選択する方は毎年受診可とします。また当面の間、40〜49歳の方も胃部エックス線は受診可とします。

※2 肺がん検診における喀痰細胞診検査は、50歳以上の方で、喫煙指数(1日本数×喫煙年数)が600以上の方に実施します。

※3 子宮頸がん、乳がん検診は、2年に1回受診できます。なお、奇数年齢の方で昨年度、区の検診を受けていない方は受診できますので、 以下がん検診票のご請求・問い合わせ先まで検診票をご請求ください。

※4 特別区民税非課税世帯及び生活保護世帯等の方には免除制度があります。

がん検診の受診可能期間

【74歳以下の方】 2017年6月1日
【75歳以上の方】 2017年5月1日

~2018年3月31日
※胃内視鏡検査は2018年1月31日まで

がん検診票のご請求・
問い合わせ先 (日本語対応)
新宿区健康部健康づくり課健診係 Tel. 03-5273-4207

2017年4月10日

このページの先頭に戻る

| 新宿区のホームページ | 外国語版トップページ |