新宿区
生活情報新宿区のあらまし日本語を学ぼう外国語情報PDF版
PDF英語中国語韓国語

暮らし

ごみとリサイクル
省エネ・エコ
自転車の利用
住宅を借りる
引っ越しするときの手続き
住み方
下水道を快適に使用するためのルール
銀行
公共料金の支払い方
緊急の時や災害に備えて
住所の手続き・税金
保険・健康管理・福祉
仕事・在留資格
出産・子育て・教育
暮らし
余暇
便利情報
 

快適な生活のために

近隣の方々と楽しく交流して快適な新宿区での生活を送るためには、生活の仕方やごみの出し方など様々なルールを守ることが大切です。日本独特の慣習など、生活習慣の違いに戸惑うこともあるかもしれませんが、近隣の方とコミュニケーションを取りながら、決められたルールを理解するように努めてください。
また、手軽な交通手段の自転車ですが、放置自転車の禁止や自転車の乗り方などマナーを守り、事故を起こさない利用を徹底しましょう。

 

ごみとリサイクル

 
■資源やごみの出し方
問合せ先: 新宿清掃事務所
 新宿区下落合2-1-1 
 電話:03-3950-2923
新宿東清掃センター
 新宿区三栄町25  
 電話:03-3353-9471
歌舞伎町清掃センター
 新宿区歌舞伎町2-42-7 
 電話:03-3200-5339

家庭から出るごみ・資源の収集は、原則として無料です。大量に出す場合や粗大ごみなどの収集は、有料です。
事業者がお店や事業所から出すごみ・資源の収集は、すべて有料です。原則として自己処理(廃棄物処理業者や資源回収業者への委託など)をお願いします。区が収集するのは、廃棄物処理業者等と契約が困難な小規模事業者で、新宿区専用の有料ごみ処理券を貼ってある場合のみです。新宿区専用の有料ごみ処理券を取扱所の標識のあるお店などで買い、ごみ袋や新聞・雑誌などの見えるところに貼って出してください。
資源やごみを出すときは、近隣の迷惑とならないように、一人ひとりがルールを守って出しましょう。
区役所では資源やごみの出し方について、外国語の案内を配布していますので、ご利用ください。
新宿区外国人向け生活情報ホームページのPDF版でも公開しています。
http://www.city.shinjuku.lg.jp/foreign/japanese

●3つのRでごみ減量
ものをごみにしないで「リサイクル」することは、資源節約の意味でも地球環境のためにもとても大切なことです。ごみを減量し、資源の再利用を図りましょう。
ごみの減量のヒントは3Rの実践です。

Reduce(リデュース)
ごみになるものを減らす。たとえば、余分なものを買わないこと。

Reuse(リユース)
使い終わったものを捨てないでそのまま生かして使う。たとえば、一度使ったびんを繰り返し使うこと。

Recycle(リサイクル)
もう一度、資源になるよう工夫する。たとえば、古紙・びん・缶などを分別して、資源として活用すること。

■「資源の出し方」詳細案内

■「ごみの出し方」詳細案内

■「エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコンの出し方」詳細案内

※次のものは収集できません。清掃事務所・各清掃センターにお問い合わせください。
有害性のあるもの、危険性のあるもの、著しく悪臭を発するもの、処理が困難なものなど 
(例)工業薬品・花火・マッチ・ガスボンベ(卓上コンロ用を除く)・シンナー・軽油・灯油・ガソリン・塗料・印刷用インク・バッテリー・土・砂・石・ブロック・汚泥・消火器・自動車・オートバイ・タイヤ・ピアノ・耐火金庫など。

■ごみ集積所をカラス・猫の被害から防ぐために
問合せ先: 新宿清掃事務所
 新宿区下落合2-1-1 
 電話:03-3950-2923

新宿東清掃センター
 新宿区三栄町25
 電話:03-3353-9471

歌舞伎町清掃センター
 新宿区歌舞伎町2-42-7 
 電話:03-3200-5339
カラスや猫による生ごみの散乱被害を防ぎ、ごみ集積所をきれいに保つため、防鳥ネットの貸出しをしています。
防鳥ネットは、ごみ集積所の利用者や管理をしている方に無料で貸し出しています。

■動物(犬・猫など)の死体処理
問合せ先: 新宿清掃事務所
 新宿区下落合2-1-1 
 電話:03-3950-2923

新宿東清掃センター
 新宿区三栄町25  
 電話:03-3353-9471

歌舞伎町清掃センター
 新宿区歌舞伎町2-42-7 
 電話:03-3200-5339

家庭で飼っていた動物が死んだときは、民間霊園などで供養・埋葬する方法と、清掃事務所(手数料1頭当たり3,000円)に処理を依頼する方法があります。清掃事務所の場合は、25kg以上の動物死体は引取りできません。
道路・公園・私有地(空き地になっている場所を含む)などに動物の死体があるときは、それぞれの管理者が処理します。

●区道
東部工事事務所
  (担当)明治通りから東側
  電話:03-5361-2454
西部工事事務所
  (担当)明治通りから西側
  電話:03-3364-2422

●区立公園
東部公園事務所
  (担当)明治通りから東側
  電話:03-5361-2451
西部公園事務所
  (担当)明治通りから西側
  電話:03-3364-2421

●都道
 新宿清掃事務所
 電話:03-3950-2923

 新宿東清掃センター
 電話:03-3353-9471

 歌舞伎町清掃センター
 電話:03-3200-5339

●国道
 東京国道事務所代々木出張所
 電話:03-3374-9451

●私有地(空き地になっている場所を含む)
土地の所有者の責任で処理します。清掃事務所・清掃センターに依頼する場合は、手数料(1頭当たり3,000円)がかかります。

■新宿リサイクル活動センター

問合せ先:  新宿区高田馬場4-10-2
 電話:03-5330-5374
 休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進拠点として、リサイクルに関する講座やごみの減量に向けた様々な事業を行います。

  1. 図書の閲覧・貸出し
  2. 環境リサイクル講座
    3R(リデュース・リユース・リサイクル)を楽しく学ぶ場として、毎月2~3回開催しています。
  3. フリーマーケットの開催
    毎月第1・第3日曜日
  4. リサイクルショップ「もいちど俱楽部」
    家庭で不用になった衣類や日用品等の展示販売
  5. 目録出品
    家庭で不用になった電化製品やインテリア用品等を掲示板に掲出して、目録出品売買をしています。
  6. 家具の展示販売
    西早稲田リサイクル活動センターで回収・修理しているリユース家具の展示販売
  7. 資源回収事業
    資源回収ステーションで9品目を回収。
  8. 会議室の貸出し
    区民の皆さんのリサイクル活動等に利用できる会議室の貸出し
※(3)~(5)は事前登録が必要です。
 
■西早稲田リサイクル活動センター

問合せ先: 新宿区西早稲田3-19-5
 電話:03-5272-5374
 休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進拠点として、リサイクルに関する講座やごみの減量に向けた様々な事業を行います。

  1. 図書の閲覧・貸出し
  2. 環境リサイクル講座
    3R(リデュース・リユース・リサイクル)を楽しく学ぶ場として、随時、開催しています。
  3. フリーマーケットの開催
    毎月第2・第4土曜日
  4. 目録出品
    家庭で不用になった電化製品やインテリア用品等を掲示板に掲出して、目録出品売買をしています。
  5. 家具の展示販売
    家庭で不用になった家具などを回収し、修理した後、展示販売しています。
  6. 資源回収事業
    資源回収ステーションで9品目を回収。
※(3)・(4)は事前登録が必要です。
■空き缶等の散乱や路上喫煙による被害の防止のために

担当: ごみ減量リサイクル課 まち美化係

新宿区内の公共の場所(道路など)ではポイ捨てを禁止しており、特に美化推進重点地区(新宿駅東口周辺・西口周辺、高田馬場駅周辺)では、ポイ捨てをした人に罰則(2万円以下の罰金)を設けています。
また、路上喫煙は、特に定められた喫煙場所を除いて区内全域で禁止しています。歩行喫煙はもちろん、携帯灰皿を使った立ち止まっての喫煙も禁止しています。マナーを守って分煙化を進めましょう。ぜんそく等でたばこの煙を避けなければならない人やたばこの煙が苦手な人、幼い子どもなど、みんなが安心して歩けるまちをめざしましょう。
快適なまちづくりにご協力ください。


このページの先頭に戻る

| 新宿区のホームページ | 外国語版トップページ |